快適な眼鏡はメガネレンズが他とは違う。

バッグに入れて持ち歩きたいメガネ

ずっとメガネをかけているという分けではないけれど、見えない時だけ使っているという人もいるのではないかと思います。その場合には、メガネをずっとバッグに入れておくといいかと思います。
取り出すとすぐに使えるので、手っ取り早く視力の矯正ができるでしょう。

メガネを持ち歩く際には、破損などがない様にしっかりとメガネをケースの中に入れておくといいでしょう。学生などであれば、黒板を見るのに必要だという人も多いのではないでしょうか。

メガネを持ち歩くのが面倒という人はコンタクトを利用する手段もありますが、コンタクトはお手入れが必要になってきます。好みに応じてコンタクトと眼鏡を使い分けるのもいいでしょう。

メガネの歴史

老眼鏡と聞くと、高齢者がかけるイメージがあると思うます。

老視とは加齢とともに調節力がゆるみ、ピントが合わせづらくなる現象です。

人にもよりますが、老眼は一般的に40歳頃から進行します。

40歳で老眼鏡をかけるのは少し抵抗があると思います。

最近は老眼鏡もデザイン性が高く、老視用には見えないメガネも販売されていますので、そういったのを選ぶと良いでしょう。

メガネやコンタクトレンズは視力を矯正するのに欠かせないアイテム

メガネやコンタクトレンズは視力を矯正するのに欠かせないアイテムです。

コンタクトレンズは便利ですが、眼の症状によりできない場合もありますので、メガネは手元に用意しておくと良いでしょう。最近では、立体的なメガネが流行しているようです。

しかし、自分に度数に合ったメガネを選ばないと、眼精疲労や肩こりや頭痛の原因になることもあります。メガネを購入する時はちゃんと検査をしてもらい作成しましょう。

メガネは落とした時に割れたり、曲がったりすることがあります。そういう時は、修理に出しましょう。メガネは各パーツをつなげて出来ています。

このパーツを取り替えて修復することもできるので、メガネ屋さんに相談しましょう。また、メガネ店によってできない場合もありますので、事前に問い合わせて行くと良いでしょう。

PC用メガネとブルーライト

パソコンやスマホ、テレビなどから出ているブルーライトは、目の奥の網膜まで届いてしまう強い光です。

長時間利用する人が増えてきたため、最近ではブルーライトから目を保護するメガネを利用する人が増えています。

ブルーライトのカット率が違う数種類のメガネレンズを選ぶことができます。カット率が高くなればなるほど、メガネレンズが茶色がかっていたりするようです。

自分に合ったメガネを選んでいますか?

あなたは自分に合ったメガネを選んでいますか?自分の度数に合ったメガネを選ばないと、時として、肩こりや頭痛の原因になる事もあります。

デザインも重視したいですが、機能面も考慮して選ぶ方が眼精疲労になりにくいでしょう。メガネを選ぶ際は、鼻の高さや耳の高さも合わせて選ぶことも大事なポイントです。

老眼鏡と聞くと、高齢者のイメージがあると思います。老視とは加齢とともに調節力がゆるみ、ピントが合わせづらくなる現象です。人にもよりますが、老眼は一般的に40歳前後から進行します。

40歳で老眼鏡をかけるのは少し抵抗があると思いますが、最近は老眼鏡もデザイン性が高く、老視用にはみえないメガネも販売されています。赤やオレンジなど明るい色のフレームを選ぶと顔の印象も明るくなり、老眼鏡と気づかれにくいでしょう。

ページトップ